自分のコントロール範囲外で起こる病気や事故に遭遇する際の利用を想定して事前に保険に加入しておくことです。

病気や事故を想定した計画的な保険加入
病気や事故を想定した計画的な保険加入

病気や事故に遭遇する際の利用を想定した事前の保険加入

経済状況の善し悪しには関係なく社会の中で日常的に行われている事業や活動はいろいろな制約を受けながら動いています。そこには必ず人が介在していて時には事件や事故が発生し、人々が運悪く巻き込まれる危険性があるわけですが、殆どの場合は知恵や知識を働かせたり、技術の活用でそれを回避しながら動き回れていいます。しかしながら、今日のように人、もの、金の詰まった文明の利器が自分のコントロール領域外で複層的に動き回る経済活動の中で我々はお互いにけがや病気になるリスクを抱えながら行動しているのです。そこで、我々は想定外の病気やけがを負うことがあるため、国民皆保険制度を設けて完全ではないもののリスクヘッジしています。重大事故や病気でなければ健康保険制度を利用して診断、治療を受けて元の健康を取り戻すことが可能なわけです。国の保険制度だけで不足する部分は民間保険にあらかじめ加入しておけば、このような万一の時に利用し、健康面や経済面の被害を最小限にとどめる対策を取れるので、いつ何時、事件や事故に遭遇してもおかしくない程、文明の利器に囲まれた日常生活でも安心感を持ちながら生活できるわけです。

今ではあらゆる局面のリスクに対応する保険が民間の生命保険会社や損害保険会社から売り出されているので、家計への経済的な負担を考慮しながら必要な保険に加入しておくことが望ましいことは当然です。保険に加入していたがゆえに事故に遭遇して莫大な負担が発生したものの、加入保険の利用により保険金支払いがあって助かったという実話は私の身の回りにも車両事故で何件かあるくらいですから私自身も一応の対応はしています。特に、国民の死亡原因の一番ががんであることをしっかり認識しています。医療保険には社会人になった時期に加入し、中年族になった時期にがん保険に加入してこれらの保険を利用することなく古希を迎えましたが、数年前からがん治療技術の進歩が目覚ましくて以前は手の施しようがなかったがん治療が可能になってきたのです。高価な治療法であるため、健康保険の対象にならず、また、昔加入したがん保険も適応対象外の先進医療技術がしきりに宣伝されているのです。慌てて先進医療対象のがん保険に加入し直したことは言うまでもありません。

役立つ情報を今から調べるならココ